2014年09月04日

LDKの間取りづくりでおすすめしたいポイント

間取りづくりを考えた時にやはりLDKの空間は重要です。

リビング、ダイニング、キッチン、そしてテレビの位置関係などは暮らしの大きな部分を占めるからです。

我が家は、家族がKDKに集まって過ごす積水ハウスシャーウッドの間取りづくりを考えたかったので、休日はテレビを見ながらゆっくりと過ごすのが希望でした。

だから、大型テレビの見やすいリビングの間取り設計を積水ハウスシャーウッドの設計担当者にじっくり考えてもらいました。

その中でも、私がキッチンでお皿を洗っていたりする時に、キッチンからリビングのテレビが見える配置にこだわって間取りづくりをしたことは本当に本当に大成功でした。

家族が見ている番組を一緒に見ながら家事ができ、会話できるので、料理が楽しく、しかも後かたづけもはかどります。

そこでおすすめしたい理想的な間取りについてです。

やっぱりリビング、ダイニング、キッチンは一体型が理想的です。

ゆったりとした空間を演出しながら、家族と一体感を感じることのできる間取りはとても最高だと思います。

そこで、我が家の積水ハウスシャーウッドが間取りづくりで参考にした考え方のポイントをご紹介します。

ポイントはみんなが集まるリビング、ダイニング、キッチンです。

LDKの間取りづくりは、家族の生活パターンを想像しながら、しかも奥さんが快適に家事できるような間取りプランを決めるようにして下さい。

そうすれば必ず間取りづくりは成功しますから…。
posted by いおりん at 22:08 | 間取りづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。